プログラムされた細胞死"(アポトーシス)

ほとんどすべての"がん"は遺伝子の突然変異によって発生する。いくつかの遺伝子のエピジェネティック変化の要因になることができます。 身体を構成する数十兆の細胞は分裂・増殖すると、"プログラムされた細胞死"(アポトーシス)を繰り返している。正常な状態では、細胞の成長と分裂は、体が新しい細胞を必要とする場合にのみ発生するように制御されます。すなわち、細胞が老化欠損して死滅すると、新しい細胞が生じて置き換え。但し、特定の遺伝子(p53など、一般的に、複数の遺伝子)に突然変異が発生すると、このプロセスの秩序を乱してしまうされている。つまり、身体が必要とされていない場合でも、細胞分裂を起こして増殖し、逆に死滅する細胞が死滅しなくなる。 このようにして発生する過剰な細胞組織の塊を形成し、腫瘍や新生物と呼ばれる。腫瘍は良性(非がん性)と悪性(がん性)に存在している。良性腫瘍はまれに生命を脅かす恐れがあるが(特に脳に発生した場合)、身体の他の部分への浸潤と転移することなく、肥大化ではない。一方、悪性腫瘍は浸潤転移し、生命を脅かしている。 全ての遺伝子の突然変異が癌と関連があるのではなく、特定の遺伝子(下記述)の変化が関与していると考えられる。また、発がんは多段階発癌説が提唱されている。すなわち、癌に関与する因子と癌に至るプロセスは単一ではなく、複数の遺伝子の変化などが関与しているものと考えられている。 がんの発生に関与する遺伝子群現在、がん抑制遺伝子と呼ばれる遺伝子郡の変化によって機能不全が最も癌の発生に関与することが知られている。たとえば、p53がん抑制遺伝子は人間の腫瘍に異常が最も多くみられる種類の遺伝子である。 p53はLi - Fraumeni症候群(Li - Fraumeni syndrome)の原因遺伝子として知られており、癌の大部分を占める自発性がん、割合としては小さい遺伝性がんの両方に異常が発見によって癌研究の重要性が高い。
[PR]
# by vivova223 | 2010-07-05 15:09