<< プログラムされた細胞死&quo... 人間の悪性リンパ腫細胞のアポト... >>

悪性腫瘍とも呼ばれる癌とは

悪性腫瘍(あくせいしゅよう英語:malignant tumor)は、他の組織との境界に侵入して(浸潤)や転移し、体のいたるところで増加すると宿主の生命を脅かす腫瘍である。 一般的に癌(ガン、がん、英:cancer、ドイツ語:Krebs)、悪性新生物(あくせいしんせいぶつ、英語:malignant neoplasm)とも呼ばれる。 "がん"はほぼ"悪性腫瘍"と同義語として一般に使用され、新聞にも、それを学ぶ"悪性腫瘍"と"がん"と明確に区別する必要がない部分は、この同一語として使用できる。 "悪性腫瘍(malignant tumor)"は、一般的に"がん(英語:cancer、ドイツ語:Krebs)"として知られているこれらの病理学的に"癌"といえば、"癌腫(上皮腫、carcinoma)"のことを指す。肉腫などの悪性腫瘍全体を示すにはひらが作成しての"がん"が使用されている。 "がん"を表す"cancer"は、かに座(cancer)のような言葉であり、乳癌の腫瘍がカニの足のように広がっところ、医学の父と呼ばれるヒポクラテスが"蟹"の意味で呼ぶことにする。 漢字の"癌"は、病垂に"岩"の異体字である"嵒"の会意形声文字で、本来は"乳癌"の意味である。触診するための岩のようにこりこりしているから江戸時代には"岩"と書かれた文書ができます。有吉佐和子の小説"華岡青洲の妻"は、乳癌を代表する"岩(がん)"という言葉が频出ている。 "悪性腫瘍"は、"悪性新生物"とも呼ばれ、malignant neoplasmの訳語として作られた言葉で、malignant"悪性の"neo"新しい"plasm"形成されたこと"を意味する。 また、"がん"という言葉は、それを取り除かないと、悪影響を与えるという点で、"○○は△△な癌である"という表現をすることができます。 悪性腫瘍(malignant tumor)の定義は病理学では、次のように分類される。 癌腫(羅:carcinoma):上皮組織由来の悪性腫瘍 肉腫(羅:sarcoma):非上皮組織由来の悪性腫瘍 その他:白血病など 悪性腫瘍は、腫瘍でも浸潤性に増殖し、転移などの悪性のあることを示すものである。
[PR]
by vivova223 | 2010-07-02 17:29
<< プログラムされた細胞死&quo... 人間の悪性リンパ腫細胞のアポト... >>