<< 悪性腫瘍とも呼ばれる癌とは

人間の悪性リンパ腫細胞のアポトーシスを起こす

フコイダン(英語名:fucoidan)、硫酸多糖の一種である。昆布、ワカメ(一部位のメカブを含む)、モズクなどの褐藻類の粘質物の多く含まれており、同じような物質、ナマコなどの動物でも発見されている。 主にL - フコースがα1 - 2、α1 - 4結合で数十から数十万個つながった化合物の平均分子量は約20,000である。 グルクロン酸を含むU - フコイダン、硫酸化フコースのみのF - フコイダン、ガラクトースを含んでいるG - フコイダンなどに区分されている。 1913年のウプサラ大学に所属するスウェーデンの科学者 H・Z・キリン (H. Z. Kylin)によって発見され、ヒバマタ属の学名genus Fucusにちなんで命名された。 1970年代以降活発に研究され、1996年の日本癌学会では、制癌作用が報告されたが、健康食品として注目されるようになった。 2002年にフランスの科学者の研究では、F - フコイダンがウサギの細胞の過形成を抑制することが分かった。また、2005年の日本慶應義塾大学に所属する医師木崎昌弘の研究によってF - フコイダンが人間の悪性リンパ腫細胞のアポトーシスを起こさせることが発見された。 "肝機能の改善""血圧の上昇を抑える""抗菌""アレルギーを抑える""コレステロールを下げる""癌によい"などの俗説もあるが、現在の科学的なデータは不足して、例えば、次のようなものの解明が待たれる。 フコイダンの色、味、匂い、比重はどうなのか。 フコイダンが含まれている食品と、抽出する方法。 "熱""冷凍""粉末"などの料理に耐えられるか? フコイダンの分子の状態は、"高分子"、"超低分子"があり、超低分子と、吸収がとり上げられる一方、分子の結合が弱くなり、効果が下がるとされているという点。
[PR]
by vivova223 | 2010-06-30 14:23
<< 悪性腫瘍とも呼ばれる癌とは